Michael Hein - Konzertpianist

経歴 /

ミヒャエル・ハイン ドイツのハレに生まれる。ライプツィヒ・フェリックス・メンデルス ゾーン音楽演劇大学にてピアノ及び室内楽を専攻、ウルリッヒ・ウァバン氏に師事する。ドレスデン・カール・マリア・フォ ン・ウェーバー音楽大学大学院にてピアノ及び室内楽を専攻、首席で修了する。ドレスデン・カール・マリア・フォン・ ウェーバー音楽大学、ザクセン州立ゼンパーオペラ歌劇場、ドレスデンフィルハーモニー管弦楽団にてピアニスト及び伴奏ピ アニストとして活躍。数多くの歌手、器楽演奏家、クルト・マズア、ヴァレリー・ゲルギエフ等世界の名指揮者との共演を果 たす。2014年ドイツを代表するテノール歌手ライナー・ゴルトベルクと共演。2000年よりほぼ毎年、日本にてコンサート出演をしてい る。 2002年、ピアノの巨匠イェルク・デームス氏に出会い、 師事。音楽家として多大な影響を受ける。 日本における主なコンサートとして、 2001年東京にて秋篠宮殿下と紀子様の駐日オランダ王国大使館ご訪問の際の コンサート、2006年から2008年における、牧野成史氏指揮、所沢バッハ・アカデ ミー管弦楽団とのベートーヴェン「合唱幻想曲」ハ短調 Op.80 共演コンサート、鷲見譲治氏指揮、ルートヴィヒ室 内管弦楽団とのモーツァルトピアノ協奏曲第482番共演コンサート等がある。 2013年発売の日本歌 曲集CD「こだまでしょうか」(新垣壬敏作曲、バリトン北村哲朗、発売元キングレコード社)のピアノ演奏を担当。 ドイツの作曲家、シューマ ン、ベートーベン、バッハの演奏を得意とする。 ドイツ国内のみならず日本各地にて、またハンガリー、オーストリア、 フランス、アメリカ合衆国などでコンサート活動を精力的に続けている。